探偵 興信所 不貞行為 証拠 写真

浮気相手に慰謝料を請求する時に注意すべきこと

浮気相手に慰謝料を請求する時に注意すべきこと

不貞行為は精神的に大きな苦痛を与えますし、大切に築き上げてきた家庭が壊れる可能性もあります。
この代償は慰謝料として浮気相手からもしっかりと慰謝料を請求しておきたいものです。
不貞行為を始めたきっかけがどちら側にあったとしても、結果的には同罪です。
旦那に対しても浮気相手に対しても許すことはできません。

 

ですが、浮気相手にまで慰謝料を請求していいのか、また、請求する手続きが面倒だと感じたり、
請求することを恥ずかしいと感じる人もいるかもしれません。
不貞行為をしていたことが事実であれば、
浮気をされた当事者からすると被害者であり引き下がる必要はありません。

 

しかし、その浮気相手の女性に、旦那が独身であると偽って交際をしていた場合、
相手の女性は故意に浮気をしていたことにならないので、その女性には責任がなく、
不法行為が成立しなくなり、相手女性に慰謝料を請求できなくなります。

 

既婚者だと承知の上で不貞行為をしていたということが認めた場合は、
不法行為が成立し、慰謝料が浮気相手からも請求できるのです。
確信犯かどうかで、慰謝料の請求が出来るか否かが違ってきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ