探偵 興信所 不貞行為 証拠 写真

どこからが不倫なのか

どこからが不倫なのか

どこからが不倫なのかと問われても、人それぞれ答えが違います。
それは、個人の価値観によって、はっきりとした線引きがないからです。
不倫と言っても、疑われている本人はその気はなかったなど、あやふやな部分があります。
さらに不倫を問いただして否定されると、夫婦の関係がぎくしゃくしてしまい、不倫をしていると思い込んでしまうことも、夫婦間に亀裂が入る場合があります。
もちろん浮気相手と肉体関係を持ってしまうことは、まぎれもなく不倫です。

 

男性と女性の価値観にもよって変わってきますが、女性は相手のことを「好き」という恋愛感情を持った時点でそれは浮気と捉える人が多いようです。
しかし、法廷で裁ける境界線となるのは、精神的な部分は不透明で分かりづらいので、なかなか裁ききれないところがあって、配偶者以外との肉体関係を持っていることが法律で言う不倫となります。
肉体関係といっても、手を繋いで歩いていたり、軽くキスをした程度であれば、法的には不貞行為と認められないので、慰謝料や離婚を請求するのは難しくなります。
手を繋いだり、キスをする時点でただならぬ関係であることは明確ですが、それを法的に裁くことは悔しいですができないのが現状です。


ホーム RSS購読 サイトマップ